ビルボードライブ東京で繰り広げる結婚式

好きをウエディングにするなら

結婚披露宴にゲストをご招待するという感覚ではなく、
ジャズクラブに大切なゲストをご招待したいという気持ちから、結婚式のプランニングがスタートしました。

ご新郎ご新婦にとってジャズライブレストランは特別な場所であり、
その特別な場所がビルボードライブ東京でした。

ご両親の影響で、小さい頃から音楽と一緒に育ったご新婦が一人でも足を運ぶぐらい大好きな場所がビルボードライブ東京でした。
そして、そのビルボードを初めてのデートの場所として選んだご新郎。
ご新郎も学生時代にバンドを組んでおり、音楽はとても身近で当たり前のものでした。

ビルボードライブ東京での結婚式は、
会場を一日借りることになるため、披露宴(1部)と2次会(2部)を同会場にて行う事が多いです。
ステージや楽器、プロが使用する音響設備や照明設備をフル装備で使用することが出来ます。
またそこを担当するオペレーター達は、毎日プロアーティストを対応しておりますので、
一般的な結婚式場の装備とは全く異なります。
付加価値の高いウエディングの一日を演出することが可能です。

準備では、
大好きなビルボードの世界観を活かした、ウエディングデコレーションを考えていきました。
ビルボードのカラーであるブルーに準じて装花を含むデコレーションは、ロイヤルブルーを採用し、華美になりすぎない洗練されたデザインをお選びになりました。
美味しいお食事とライブを楽しむ大人のひと時に結婚式をプラスするような、特別な空間を演出いたしました。
ペーパーアイテムでは、ビルボードライブ東京のロゴを使用させていただき、
公式の月間冊子と同じぐらいのクオリティのオリジナルウエディング冊子を作りました。
音楽がメインのプログラムでしたので、
演奏する楽曲はもちろんのこと、BGMとして使用した曲まで全てご紹介致しました。
これは音楽大切に思っている、音楽ウエディングを選んだお二人の強いこだわりでした。

ビルボードウエディング

ビルボードライブ東京がある、六本木ミッドタウンの近くには結婚式を挙げる為のチャペルがあります。
「挙式」は家族に列席してもらいバージンロードを歩きたいというご希望より、こちらのチャペルにて行いました。

ビルボードウエディング

当日は
プロのジャズ奏者による演奏を入れ
当初に思い描いた通り、お食事を楽しみながら音楽に浸るという時間を作りだすことが出来ました。

ビルボードウエディング

そして、
バンドを組んでいたご新郎と、小さい頃からピアノを弾き将来はピアニストも夢見たご新婦が、
ご両親への感謝を伝える方法として、お手紙を書くことではなく、二人での演奏をお選びになりました。

ビルボードウエディング

緊張からか、鍵盤の上の指が震えていました。
二人だけを照らすスポットライトが特別な空間を作り、二人が奏でる音が会場いっぱいに広がります。
言葉ではなく、一番大切な人だから、一番大切な方法で感謝を伝えたいという、お二人らしい演出でした。

ビルボードウエディング

ビルボードライブ東京での結婚式は、
これまで音楽ライブレストランにお越しになったことのないゲストにも
心行くまで音楽と結婚のお祝いを楽しんでもらう事ができる要素が沢山詰まった一日となります。

ビルボードウエディング
他の事例をみる