Resort

奥湯布院でのリゾートウエディング

リゾートでの結婚式 -大分 奥湯布院-

お二人のご希望は、”大分湯布院”にて結婚式を挙げることでした。
場所も時間も日程も何も決まっていないところから、約4か月の期間でお二人の結婚式をプロデュースさせていただきました。

ゲストは50名。そのうち、半数以上のゲストが、ご新郎の親族である韓国人のお客様。通訳や、交通整備の問題が上がりました。
また結婚式は、韓国式でもなく、日本式でもない、誰もが初めて経験するような結婚式を挙げたいというリクエストで、全体を通して、ゲストには感動ではなく、”楽しかった!”という感想を持ってもらいというお考えでした。

時間をかけて打合せを行ったのは、会場装飾です。都内の有名建築事務所にお勤めのご新郎だからこその想いが詰まっておりました。
一つの会場を、前日の夕食会と披露宴とで2度使用するため、同じ会場と感じさせないぐらいの全く違う空間に仕上げてもらいたいというリクエストでした。

限られた予算の中で、何度も何度もデッサンを書き、遅い時間まで打合せを重ねて決定した装飾は、前日の深夜から仕込み作業を行い、当日の朝、ご新郎が理想とする空間が仕上がりました。

結婚式は、こちらの旅館が所有するヘリポートへお客様をご案内し、国や言葉や文化が違っても、こうして二人が結ばれ、家族が増えていくという事をレイアウト(円)で表現しました。

会場のスタッフの皆様・現地のパートナー企業の皆様の力が集結して、日本人ゲストにも韓国人ゲストにも、”こんなの初めて!”とおっしゃっていただけた結婚式が実現しました。

他の事例をみる