古民家ウエディング

古民家で行う結婚式

東京の古民家ウエディング

Prologue

趣味や趣向がぴったりのご新郎とご新婦。挙式会場は北海道トマム、水の教会を選びました。
出会いから結婚まで、多くの時間がかからなかったお二人は、まだお互いのご友人達をご紹介しきれていなかったため、 結婚・懐妊のご報告をするために、アットホームなウエディングパーティを目指します。

Concept

たくさんの場所の候補から一番イメージに近い場所、それが用賀に佇む古民家でした。
華美に飾り立てず、自然体で、お二人でご友人達を招くというコンセプトに最適な場所です。

Key Point

打合せ中に何度もお話をしたのは、見失いがちになってしまう結婚式の目的でした。
本質をよく理解されているお二人は、常に初めのコンセプトに戻り考えるという事ができました。

Preparation

お支度は、お母様にお手伝い頂きました。
その間に、お客様をお迎えする会場セッティングが仕上がりました。
お二人の支度も整い、お客様のお迎え入れです。

久しぶりに会う友人や、初めましてのご挨拶をする友人。
気取らずに、いつもの笑顔で皆様にお声がけできました。

Ceremony

ご友人全員の名前を書いたクッキーをウエディングケーキに飾るという特別な演出。
このウエディングケーキは、結婚証明書の役割を担います。

Wedding Party

披露パーティでは、会話のきっかけになるようなお料理や、配席決めに時間をかけました。
和やかに盛り上がるアットホームな、おもてなし空間の完成です。

ご友人達への感謝の言葉の後、ご出席されたご友人の皆様全員から
夫婦となったお二人にサプライズプレゼントがありました。
この会を楽しみにしていたのはご友人たちも同じでした。

友人たちに囲まれて素晴らしい一日となりました。

他の事例をみる