自宅でのウエディング

ご実家での結婚式

産まれた場所も、育った場所も、ご両親が建てられた自宅で過ごされたご新婦。
これまで、人生の節目を家と共に迎え来て来られたご新婦だからこそ、
結婚の誓いも自宅で迎えたいというご希望の自然なことでした。
 
家を設計し、家具を一つ一つ夫婦で揃えていき、
結婚式を迎えようとしている娘を自宅で出産し、本当に様々な思い出が入り混じった、かけがえのない場所でした。
ご夫婦の愛情・ご家族の愛情がたっぷり詰まったこの家で、
次の世代が誕生していきます。

ご家族だけではなく、ご親族も迎えての結婚式・披露パーティを行いたいというご希望より、
ご自宅の一角にはウェルカムスペースを作り、挙式場所・パーティスペースと自宅をフルに利用したレイアウトを考えました。
準備は朝、スタッフの掃除からスタートします。いつもはなかなか掃除のできない、照明傘の上や、梁、ドア、ベランダと、隅々までお掃除をして皆様をお迎えする準備を整えます。

ウェルカムスペースには、まだ、ご新婦が生れる前のご両親(ご夫婦)のデート写真も飾りました。お集まりいただいた皆様に記帳して頂く「芳名帳」はご両親の結婚式にて使用した芳名帳の続きを使わせてもらいました。そうすると、1冊の芳名帳に2度お名前とメッセージを現れる人もおられ、時代を感じることのできるかけがえのない「芳名帳」となりました。
結婚式は、お父様が長年かけて母屋の隣に建てたログハウスにて、手作り感のある暖かな人前結婚式となりました。

披露パーティはご自宅の2階を模様替えして一同に会せるレイアウトです。キッチンではシェフが腕を振るい、メインのお肉はベランダにて直火で美味しく焼き上げました。フルコースをオーダーすることも、皆様で取り分けてお召し上がりいただくスタイルを取ること可能です。
久しぶりの方々も多く、なかなか集まれないからこそ、昔話に花が咲くだろうという事で、お食事の後も宴は続き、夕方にはログハウスにてデザートとお茶を楽しんで頂きました。

ベースとなるものはご自宅にあるものをそのまま使用し、必要な部分のみを別途手配することにより、手作り感の出る自宅結婚式の一日となりました。

「自宅でのウエディング」・「実家での結婚式」をご検討される理由は様々ございます。
・思い出の詰まった家だから、節目の日もそこで迎えたい。
・嫁ぐ家に、皆様をご招待して嫁ぐ家族を披露・紹介したい
・自分たちの新居にお世話になっている方々を招待して、ホームパーティのような雰囲気の結婚式がしたい
・家族に体の不自由な人がいるから、その人のいる家で晴れ姿を見せたい。

ラディーブウエディングプロデュースでは、これまで承った様々経験により、
フォーマットに沿った結婚式ではなく、そのご家族に合ったプランニングをご提案・実施することができます。
状況により、何がポイントか・注意事項は何か・リスクは何か・本当に大切なことは何か、ということを考えながら
準備スピードや、注意ポイントを十分に配慮しながら、当日までの準備・当日のサポートを行っていきます。

自宅結婚式の一日のプログラムは、そのご家族のご希望によって異なります。
ご協力いただける神社の宮司さんをお招きしてご自宅での神前結婚式を行う事も出来ますし、
そのご家族に合った内容で造る人前結婚式を行う事もあります。

近所の思い出の地に、ご家族で記念写真を撮りに行ったり、
お集まりいただいた親族たちと、宴席を設けたりと、時間も内容も様々です。
何にとらわれることなく、ご希望をお伺いして、完全オーダーメイドでご提案・実行をしてまいります。

どれだけ、ご家族の皆様の気持ちに寄り添うことが出来き、
どれだけ、プロの仕事をご提供できるかが、自宅での結婚式には重要かという事を深く理解しております。

他の事例をみる